スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EJ改

F-4EJ改 PHANTOMⅡ
J.A.S.D.F
3AW 8sqn MISAWA.AB
「蒼」



20090211H.jpg


20世紀の終わり頃
「F-4退役は2008年ごろから~」なんてコトが雑誌なんかで言われ出した頃

F-2の配備の遅れから、暫定的に三沢の第8飛行隊がF-1からF-4に改変し
306飛行隊の機体が移管されて、小松でファントムが見られなくなってしまって
結構落ち込んだりもしたのだが
ほどなくして、この「F-2」迷彩のファントムが現れて、度肝を抜かれた。

モデラーにとって、この蒼色は悩ましい。
様々な媒体で見る機体はドレも色身が違って見える。
そのうえ、訓練等で飛行するたびに劣化していくため、ますます印象は混沌としていく。
21世紀に入ってからの小松基地航空祭で実機を見たことがあるが
その時は全体的に暗い印象だったし、
雑誌などで見る色はもっと緑がかったイメージがあった。
実はハセガワの塗装指示が正しい、なんてことも聞いたりする。

だから模型の塗装ってのは面白い。
どうしたら、アタマの中でグチャグチャになった「イメージ」を色として再現できるか
その過程を考えながら、塗料を混色し、エアブラシで吹き付けているうちに
アタマの中の「イメージ」が固まっていき、相対的に実機がどうであるかは
どうでも良くなって、最後にクリアを吹きつけて、マスキングを剥がす瞬間まで
楽しくてしようがない。

いよいよ第8飛行隊がF-2に改変する。
小松を去って10年
あのフェンスの向こうに見た306飛行隊のファントムが

本当にいなくなってしまう。


スポンサーサイト
コメント

No title

kazuさん

こんばんは
その通りです。あの時はホントドタキャンでご迷惑をお掛けして申し訳なかったです。
BMが紹介されたタミヤニュースの、写真のはしっこにチラリとそのパネルが写ってて
すごく嬉しかった思い出があります。
あれからもう4年ですか、世の中もBMもイロイロと変わりましたが。
あの頃の素朴というか、のどかな雰囲気やノリは忘れたくないですね。

No title

BAELさん、この作品懐かしいですね。
BAELさんがBMではじめて静岡に参加される予定がキャンセルになったときに、パネル写真で参加された機体ですよね。
もう4年も前になるんですね…。

No title

えりご屋さん

ありがとうございます。
この塗装をしたときはかなり悩んで、結構イロイロな事を試した記憶があります。
確かに当初は試験塗装で、恒久的な物ではないと言うことでしたが
結果的に何機もこの塗装がされたわけで、よく考えると結構凄いことなのかなと思いますね(笑)


妖怪パラダイス・・・・・・すげぇ行きてぇ。。。
ちょっとマジで遠征考えようかしら・・・

あ、ちなみにこのキットは2004年の制作です。


No title

ええカンジの色が出てますねー。
ここらへんのサジ加減は、やはり作る人のセンスに拠るところ大ですね。お見事です!
しかしこの色はホント悩ましいですよね。この色を考え出した空自の人に
いつかお話を伺ってみたいモンです。(笑)
それにしても蒼ファントムが出た時は一時的な試験塗装?だったはずなのに、
少数とはいえ最後まで残ったのだから、カッコだけじゃなく実際の迷彩効果も高かったのでしょうね。

ところで・・・ふっふっふ、嘆くのはまだ早いです。
小松の血を引くファントムはいなくってしまいますが、
今年に入ってからコッチ、今や百里が妖怪パラダイスと化しつつあります。
今は新R/Wでの運用をしておりますので撮影条件もかなり良いです♪
ただし新R/W運用は期間限定と思われますので、今がチャンスですよ奥さん!

コメントの投稿


コメントを非公開にする

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。