スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Last of Gunfighter

A-8E CRUSADER
U.S.MARINES
VMFA-333"FIGHTING SHAMROCKS"

20090214B.jpg

20090214C.jpg

クルーセイダーはクールさとワイルドさを併せ持った二枚目だと思う。
例えるならジョー・ペリーみたいな感じ
黒いレス・ポール・スタンダードとか似合いそうな雰囲気。

超音速戦闘機なのにバルカン砲ではなく20mm機関砲で
この時代の米海軍機としては、どうもファントムの影に隠れがちだが
ベトナム戦争におけるミグ撃墜数18機はF-4の1.8倍
決めるトコはしっかり決めるハンサムっぷりが憎らしい。

この時代の米海軍機には、海軍より海兵隊のマーキングが似合う。
海兵隊の方が「カッコイイ」のではなく、「ハマっている」と感じる。
このVMFA-333の深い緑のクローバーなんかは実に秀逸で
細面のクルーセイダーをシックに装っている。

戦闘機のマーキングというのは実に面白い。
派手ならイイというものではなく、だからといって地味ではつまらない。
尾翼全面を原色で塗りつぶし、部隊マークを大描きするより
フィンチップに入れた一本のラインの方がはるかにカッコよく見えるときもアル。

日常であれば、むしろカッコワルイ、野暮ったいと感じるような「マーク」でも
戦闘機に描かれるとものすごくカッコよく見えるのだが、
それがなぜなのかは上手く説明できない。
戦闘機と図案いう、異質な組み合わせから生じるアンバランス感に
心を乱されるからだろうか。

例えるなら、ギターソロを弾くスラッシュみたいな感じか。
あのヒトは細々見ていくと必ずしもカッコよくはないのだが
「ギターを弾くスラッシュ」という総体として見た時に
「オレもグランドピアノの上でソロを弾きてぇぇ」と思わせてしまう
何かソコハカトナイモノを感じるような、そんな。

ちょっと違うな。


2003年製作


スポンサーサイト

<< EJ改
| TOP |
旭光 >>

コメント

No title

mikamiさん
こんばんは
確かにスマートなわりに骨太感のある機体ですよね。
どっから見ても絵になるんで、写真撮りやすいですコイツは。

JWさん
こんばんは
ご好評いただきありがとうございます。
随分前に作ったキットですが、結構気に入っているので
そういっていただくと嬉しいです。

No title

これはかっこいいですね。
塗装技術もすばらしい!
マーキングもシックな感じでハマッてますね。

No title

こんばんは。
カッコイイですねェ~、前からも好きですが後ろから見たときの機首が少し持ち上がってテールが少し落ちた姿と、持ち上げた主翼が肩をいからしている様に見える姿が細い胴体にもかかわらず迫力を出していると思います。

コメントの投稿


コメントを非公開にする

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。