スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜間戦闘機

Messarschmitt Bf109G-6
Luftwaffe
JG300
"RED 6"


20090312d.jpg

20090312c.jpg


たとえば
機体に吹き付けたMrカラーの307番と308番の波型の境界線が
うすぼんやりと、しかし確実に認識できるような塗装が出来たとき
ちょっとした快感だったりする。

いつの頃からか、飛行機模型の迷彩塗装を行う際に
説明書の塗装図を拡大コピーして型紙にする、という方法が
わりと一般的になった。
確かに理にかなった方法だが、どうも型紙とか、キッチリしたことは苦手で
大昔に一度試して以来やったことはない。

別に言い訳するわけでもないが
色の境界線を明確にしすぎない方が「らしく」仕上がる気がするので
どんな迷彩であっても、大抵はフリーハンドでやっつけてしまう。
その気になれば、ほとんどボケを感じさせないくらいの塗装だって、できる。

いつも模型を作っていて思うことだが
型紙に限らず、どうも模型ってのはヒトと同じに作らなければならないモノ
という固定観念があるように思えてならない。

確かに
非常に高いレベルの作品を参考に
少しでもそれに近づこうと努力することは有意義だし、
どうすればこんな風にできるのだろうかと、考えることは実に楽しい。
模型を始めたばかり頃は、雑誌の作例や教則本などを、
それこそ穴が開くほど見て、一生懸命考えたものだ。

でもソコで終わってしまっては、一体なんの意味があるのだろうか。
同じキットを使っていても、千差万別の工作や表現手法があるのが
模型作りの奥深く、味わい深いところだし
なにより

自分にしか出来ない物を作るから楽しいのではないか。



2007年製作
スポンサーサイト
コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


コメントを非公開にする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


-

管理人の承認後に表示されます


| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。