スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜間戦闘機

Messarschmitt Bf109G-6
Luftwaffe
JG300
"RED 6"


20090312d.jpg

20090312c.jpg


たとえば
機体に吹き付けたMrカラーの307番と308番の波型の境界線が
うすぼんやりと、しかし確実に認識できるような塗装が出来たとき
ちょっとした快感だったりする。

いつの頃からか、飛行機模型の迷彩塗装を行う際に
説明書の塗装図を拡大コピーして型紙にする、という方法が
わりと一般的になった。
確かに理にかなった方法だが、どうも型紙とか、キッチリしたことは苦手で
大昔に一度試して以来やったことはない。

別に言い訳するわけでもないが
色の境界線を明確にしすぎない方が「らしく」仕上がる気がするので
どんな迷彩であっても、大抵はフリーハンドでやっつけてしまう。
その気になれば、ほとんどボケを感じさせないくらいの塗装だって、できる。

いつも模型を作っていて思うことだが
型紙に限らず、どうも模型ってのはヒトと同じに作らなければならないモノ
という固定観念があるように思えてならない。

確かに
非常に高いレベルの作品を参考に
少しでもそれに近づこうと努力することは有意義だし、
どうすればこんな風にできるのだろうかと、考えることは実に楽しい。
模型を始めたばかり頃は、雑誌の作例や教則本などを、
それこそ穴が開くほど見て、一生懸命考えたものだ。

でもソコで終わってしまっては、一体なんの意味があるのだろうか。
同じキットを使っていても、千差万別の工作や表現手法があるのが
模型作りの奥深く、味わい深いところだし
なにより

自分にしか出来ない物を作るから楽しいのではないか。



2007年製作
スポンサーサイト

スズメバチ

F/A-18C HORNET
U.S.MARINE
VMFA-232
"Red Devils"



20090214E.jpg

戦闘機の模型を作るときに、一番意識するのは何かと考えてみる。
「何も考えてない」といのが正直なところなのだが
それでは話が終わってしまうので、無意識のうちに表現しようとしていること
と置き換えて再度考えてみる
無意識にやっていることを考えたって分るわけも無い。

いっそのこと、ここでハナシを終わらせてしまいたい気分になってきたのだが
それを抑えつつ
何が言いたいのかと言うと、自分の中にある戦闘機のイメージを
立体の、縮尺模型にする際に、どう表現しようとしているか
という自分自身の姿勢というか目指すところについて

「重量感」
たぶんコレに尽きるような気がする。
戦闘機ってのは地上で見るのはもとより、飛んで行く姿だって全然軽やかではない。

むしろ重力をひき剥がすかのように
まるで空気を掻き分けるかのように

推力と揚力の限りを尽くして
地球と言う絶望的なまでに重い物質の呪縛からもがき出すように
青い空を切り裂いていく

そんな
決して「風に乗る」かのような、ナイフのような鋭利さではなく
重力を断ち切る日本刀のような「重さ」を表現したいと思う。

今のところホ-ネットという戦闘機にこれといった思い入れは無い。
ただ、この見た目に軽快そうな機体をどこまで「重く」見せられるか
それだけで作ったような記憶がある。

この機体を作った頃から今に至るまで、ずっと意識してきたことだが


まだ全然ダメだ。


2003年製作

EJ改

F-4EJ改 PHANTOMⅡ
J.A.S.D.F
3AW 8sqn MISAWA.AB
「蒼」



20090211H.jpg


20世紀の終わり頃
「F-4退役は2008年ごろから~」なんてコトが雑誌なんかで言われ出した頃

F-2の配備の遅れから、暫定的に三沢の第8飛行隊がF-1からF-4に改変し
306飛行隊の機体が移管されて、小松でファントムが見られなくなってしまって
結構落ち込んだりもしたのだが
ほどなくして、この「F-2」迷彩のファントムが現れて、度肝を抜かれた。

モデラーにとって、この蒼色は悩ましい。
様々な媒体で見る機体はドレも色身が違って見える。
そのうえ、訓練等で飛行するたびに劣化していくため、ますます印象は混沌としていく。
21世紀に入ってからの小松基地航空祭で実機を見たことがあるが
その時は全体的に暗い印象だったし、
雑誌などで見る色はもっと緑がかったイメージがあった。
実はハセガワの塗装指示が正しい、なんてことも聞いたりする。

だから模型の塗装ってのは面白い。
どうしたら、アタマの中でグチャグチャになった「イメージ」を色として再現できるか
その過程を考えながら、塗料を混色し、エアブラシで吹き付けているうちに
アタマの中の「イメージ」が固まっていき、相対的に実機がどうであるかは
どうでも良くなって、最後にクリアを吹きつけて、マスキングを剥がす瞬間まで
楽しくてしようがない。

いよいよ第8飛行隊がF-2に改変する。
小松を去って10年
あのフェンスの向こうに見た306飛行隊のファントムが

本当にいなくなってしまう。


| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。